国民がもっと監視の目を光らせるべきでは?

予算や実際の支出については、HPなどで調べれば分かるものも多いと思いますが、果たしてそれをどれだけの国民が気にして、見ているのかな、と思います。政府はもっと分かりやすく見られる場所に、分かりやすく書くべきだと思いますが、「国民がこれをチェックしている」という意識が政府や官僚側にあれば、さすがにもう少しマシでは?と思う。ましてファーストクラスを使ったりスイートルームに泊まったりすることもないのでは?

削減

政治とカネの問題は、そもそも政治家はお金持ちです。一般家庭の給料制と違い、どうしてそんなに給料が高いのかと思うほどです。なので、公務で使ったお金まとりあえず自己負担で支払えばいいと思います。まず自己負担で支払って、領収書をもらいそれを請求する。一般の会社員の人はそのようにしています。もしくは、税務署の監査を定期的に入れるとかすると、不正請求が多額になる前に見つけられると思うからです。いつも思いますが、何年も前からしているのに気づかない。それも問題だと思います。

政治献金は個人からのものにするべき

政治献金は個々人からのものにすべきでしょう。企業団体の献金だと見返りを求めることがありますので、献金をした企業なり団体のための政策をすることになりかねません。ただちに企業団体献金を禁止すべきだと思います。なお個人からの献金も額を制限した方がよいと思います。個人献金といっても多額だとその人のための政策をするようになってしまうと思います。政治資金を寄付した人に対してその使い道を明らかにした決算書を送ることを義務づけ、その決算書は必ず高2㎜会計士の監査をうけることを義務づけるよにすべきだと思います。お金の使い道を公表すればカネの問題もなくなると思います。

政治資金規正法を廃止したい

国会で真剣に討議されている政治と金の問題。実に無駄な時間を費やしていると思う。国会議員として何をなすべきかは 日本国を将来どのようにしていくのかを考えてほしいと思っているが、金にルーズな政治家が多すぎると思う。したがって政治と金が国会で討議される必要がないほうがいいと思う。素人の私には何が政治家に許される使い道なのか全く見当もつかない。国政選挙の時に辞めさせたい議員を選挙したらいいのかとも思う。これには情報提供という意味で官報やマスコミの力が重要になってくると思われる。いずれにしても いつまでも政治と金が議論されるような物を残しているのが間違いだと思う。本当の気持ちは もっと抜け道のないものがほしいが現在の国会議員に期待する方がきちがい沙汰だと思われるので 政治資金規正法は廃止してほしいと感じている。