お金は困りもの

私の友人たちの、お金にまつわる話をします。昨年の話ですが、対照的な2社の専門建設業の社長の話です。1人目は、会社の仕事を1代で立ち上げました。頑張って、20年続けてきました。雨が降っても風が吹いても、暑い時でも一生懸命仕事をしました。昨年の決算時に、納付した消費税1600万円。決算準備時、利益が出ると聞いて、設備投資を過剰にしても、この金額だったんです。もう1方の社長の話です。会社の仕事を1代で立ち上げました。昨年20年を超えました。先ほどの社長同様、雨の日も風の日も、暑い日も頑張って一生懸命仕事をしました。一時は、利益もかなり上がっていました。弟子を独立させることもできて見た目的に順風満帆・・・・夢を叶えることもできたようです。しかし、昨年、会社倒産、自己破産...資金繰りがうまくいかない売り上げが成り立たない・・・主観的にみると2人の社長の原因お金があればすぐ使っちゃう、破産した社長無駄なお金を使わない、儲かっている社長客観的にみるとお金に罪悪感を持っている、物事を常にマイナス思考を持っている破産した社長お金に感謝して、常に物事にプラス思考を持っている儲かっている社長両社長が親友なので、見ていると勉強になります。考え方ひとつでこうもお金が変わるのかと一番私が思ったのは、お金って・・・あってもなくても大変なんだなってことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です