決定的な違い

金持ちと貧乏の決定的な違いは、気持ちに余裕があるかどうかだと思います。貧乏な人はお金のために、自分の時間を削りあまりやりたくもない仕事を続ける。だから日々の中でどんどんと、ストレスが溜まり病気になったりギスギスしている。だから、気持ちに余裕がない。金持ちの方は、金銭的に余裕があるので、自分のやりたいことだけを優先してやればいいし、やりたくない仕事を無理やり続ける必要もない。自分の時間を大切に出来るので、気持ちに余裕がある。それが、1番の決定的な違い。

金持ちと貧乏の違い

金持ちは、資産がたくさんあってたくさんの使えるお金がある人で、貧乏は資産や貯蓄が少ない人という事だと思います。ただ、幸福度は資産とは異なると言われるのでいくらお金があっても幸せでない人が多いと聞きます。自分の欲しいものがどんなに手元に購入できても、1人の好きな人の心まではお金では買えないとの話も聞きます。また、物欲は満足する事は無いという話も聞きますので、ある意味貧乏の方が幸せなのかもしれません。貧乏は少しの幸福に満足できますが、金持ちは多くの幸福が必要との話も聞きます。お金持ちで幸福が良いのでしょうが、世の中そんなに甘くはありません。