厳しい罰則を設けるべきである

厳しい罰則が必要だと思います。政治とカネも問題が発覚した時は大変な立場になり、心身共に疲労困憊となると思います。しかし、それが過ぎれば普通に仕事をしているし、何もなかったように過ごしている。
それは厳しい罰則がないからです。

問題の程度に分けて、罰則を決める。
金額の問題ではなく、内容の問題で。
一番厳しい罰則は、クビ。その後5年間は政治の世界の復帰は不可能。
また、その期間そのような人材を採用した政治関連組織も罰則あり。
そのような問題を起こしたものは、ボーナスも退職金も全てゼロ。

政治家のための緩い規則ではなく、一般企業以上の厳し罰則を設けるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です