金額を見るか見ないか…

金持ちと貧乏の決定的な差は、何をするにも金額を見るか見ないかだと思います。貧乏派の私は、買い物をするにも常に値札とにらめっこです。基本的に、衣料品なんかはバーゲンの時期かアウトレットモールでしか買いません。食事に行くにしても、食べたい物があっても金額によっては諦める事も。普段の食料品にしても、お得な物を買うように心がけています。金持ちは、欲しい物をどんどんカゴに入れていくんでしょうね。羨ましいです。値札を見ずに買い物してみたいものです。

交通事故で思ったこと

高級外車と日本車が接触して、両方の車がメチャクチャになっている現場を通りかかりました。高級外車に乗っていた金持ちそうな中年は平気な顔をしていました。「また保険で買ったらいいや。車は事故車の査定に出したらいいし」くらいの感覚でしょうか。日本車に乗っている人の方は顔面蒼白で、オロオロしていました。これが金持ちと一般人の差か、と思いました。金持ちは常に余裕がありますよね。どうやったら金持ちになれるんでしょうか。

頭の構造の差、ですかね。

お金持ちの人と、そうでない人。その差は、良い意味でも悪い意味でも、執着心があることだと考えています。良い言葉で言えば、「アイデアマン」。常に新しいことを考えていて、それをきっちりお金にしていく。悪い言葉で言えば、「手のひらを返すのが早い」。自分の利益にならないと思えば、すぐに斬り捨てる。時流を読む力があると言えばそれまでですが。 あと忘れてはいけないのが、家柄ですね。生まれながらのお金持ち。もうそこは…どうしようもないです。

お金は困りもの

私の友人たちの、お金にまつわる話をします。昨年の話ですが、対照的な2社の専門建設業の社長の話です。1人目は、会社の仕事を1代で立ち上げました。頑張って、20年続けてきました。雨が降っても風が吹いても、暑い時でも一生懸命仕事をしました。昨年の決算時に、納付した消費税1600万円。決算準備時、利益が出ると聞いて、設備投資を過剰にしても、この金額だったんです。もう1方の社長の話です。会社の仕事を1代で立ち上げました。昨年20年を超えました。先ほどの社長同様、雨の日も風の日も、暑い日も頑張って一生懸命仕事をしました。一時は、利益もかなり上がっていました。弟子を独立させることもできて見た目的に順風満帆・・・・夢を叶えることもできたようです。しかし、昨年、会社倒産、自己破産...資金繰りがうまくいかない売り上げが成り立たない・・・主観的にみると2人の社長の原因お金があればすぐ使っちゃう、破産した社長無駄なお金を使わない、儲かっている社長客観的にみるとお金に罪悪感を持っている、物事を常にマイナス思考を持っている破産した社長お金に感謝して、常に物事にプラス思考を持っている儲かっている社長両社長が親友なので、見ていると勉強になります。考え方ひとつでこうもお金が変わるのかと一番私が思ったのは、お金って・・・あってもなくても大変なんだなってことです。

決定的な違い

金持ちと貧乏の決定的な違いは、気持ちに余裕があるかどうかだと思います。貧乏な人はお金のために、自分の時間を削りあまりやりたくもない仕事を続ける。だから日々の中でどんどんと、ストレスが溜まり病気になったりギスギスしている。だから、気持ちに余裕がない。金持ちの方は、金銭的に余裕があるので、自分のやりたいことだけを優先してやればいいし、やりたくない仕事を無理やり続ける必要もない。自分の時間を大切に出来るので、気持ちに余裕がある。それが、1番の決定的な違い。

金持ちと貧乏の違い

金持ちは、資産がたくさんあってたくさんの使えるお金がある人で、貧乏は資産や貯蓄が少ない人という事だと思います。ただ、幸福度は資産とは異なると言われるのでいくらお金があっても幸せでない人が多いと聞きます。自分の欲しいものがどんなに手元に購入できても、1人の好きな人の心まではお金では買えないとの話も聞きます。また、物欲は満足する事は無いという話も聞きますので、ある意味貧乏の方が幸せなのかもしれません。貧乏は少しの幸福に満足できますが、金持ちは多くの幸福が必要との話も聞きます。お金持ちで幸福が良いのでしょうが、世の中そんなに甘くはありません。

低所得者向けに空き家を活用

先日、新聞を読んでいたら、空き家を低所得者に貸出して、国が家賃の一部を補助するという記事がありました。家賃は周辺よりも安くして、リフォーム代の補助も検討するということです。うちの近所の部落地域には公営団地がありますが、ガラガラですわ。空き家もいいけど、そういった公営団地も有効活用したらいいのに。家を売るときは別にそういったところに入ることはないでしょうけど。

行き当たりばったり

【貯金がない理由】
社会人になって早速、友達に誘われダイビングスクールへ。
高い講習料と高い器具。自分の給料を考えずにボーナス払いも含め100万ほどローンを組む。ここからスタートしたので常に貯金はない状態。手元にある現金は使ってしまうし、あげくつきあった男性の要望に断りきれず、クレジットカードを何枚も作り、キャッシングしたお金を男性へ。
のちに何年もかけて返済してもらうが、その間も自転車操業から抜けられず。なのに海外旅行&ワールドカップにはまり都度借金。未だ自転車操業。
【いくら貯金が欲しいか】
500万くらい

厳しい罰則を設けるべきである

厳しい罰則が必要だと思います。政治とカネも問題が発覚した時は大変な立場になり、心身共に疲労困憊となると思います。しかし、それが過ぎれば普通に仕事をしているし、何もなかったように過ごしている。
それは厳しい罰則がないからです。

問題の程度に分けて、罰則を決める。
金額の問題ではなく、内容の問題で。
一番厳しい罰則は、クビ。その後5年間は政治の世界の復帰は不可能。
また、その期間そのような人材を採用した政治関連組織も罰則あり。
そのような問題を起こしたものは、ボーナスも退職金も全てゼロ。

政治家のための緩い規則ではなく、一般企業以上の厳し罰則を設けるべきです。

全て第三者に請求し、支払うこと

まとめて政治活動費という項目で一括してお金を渡すのではなく、サラリーマンと同様に、都度都度、かかった経費を請求し、一か月まとめて振り込む形にする。そして、議員ごとの出納帳をネットで公開し、どの議員が何にどのくらいの経費を使って活動しているか、例えば、目で見てわかるようにすればよい。突出して、経費をつかっている議員がどの程度の働きをし、どの程度の実績を残しているかを対費用効果として、一目でわかるようにしてほしい。また、舛添氏のように、絵画の購入費、シルクの服など、一般人の常識から離れている費用に対して、可否を都民に確認すればよい。